特許技術を医療用ウィッグのメンテナンスに応用!髪のプロが乳ガン患者の方々の生活の質向上を無償でサポートいたします。

この度、特許技術を活用して髪の側面からがん患者の方々をサポートする取り組みを開始いたしました。

『医療用ウィッグ』と聞くと、どういったイメージをお持ちでしょうか。がん患者さんの多くが治療の過程で副作用による脱毛を経験し、医療用ウィッグを使用されます。患者さんにとっては自分の分身のような大切な存在です。しかしウィッグは栄養分や油分を補うことが出来ないため、時間が経ってくるとパサパサになり、とかすのも大変で、その扱いが患者さんにストレスを与えてしまっている現状があります。ただでさえ治療による心身への負担が大きく、また治療費等の経済的負担があるがん患者さんにとって、ウィッグのメンテナンスが更なる負担になってしまっているのです。

我が社の開発した特許技術『SLEEK SHINE -スリークシャイン-』は毛髪自体の形状を変えることで、髪が綺麗に整列しやすく光が正反射するため、髪に滑らかさとツヤを与えて、一気にまとまりやすくします。(下図参照) こちらの技術を医療用ウィッグにも応用し、乳ガン患者さんに対して無償でサポートさせていただくことを決意いたしました。

ゆくゆくはこの特許技術を、認定した日本全国各地の美容室が使えるようにし、より多くの医療用ウィッグを使用するガン患者さんのサポートが出来る体制を構築いたします。なおこの取り組みについてはがん専門医やソーシャルワーカーさんにご支持いただき、また薬剤メーカーさんからこの活動を応援して頂くなど、体制が整いつつあります。

日本人の2人に1人ががんになるこの時代に、私どもは髪のプロである美容師として、一人でも多くのがん患者さんの生活の質向上の一助になれたらと切に願っております。

*スリークシャインは100%人毛ウィッグにのみ対応できる
技術です。 人工毛や人毛ミックスの医療用ウィッグをお使いの
皆さまには毛先のカットのメンテナンスを無料で行わせて頂きます。

  • 従来の縮毛矯正

  • スリークシャイン

  • 国際医療福祉大学三田病院 頭頚部腫瘍センター
    病院准教授頸部ガン専門医

    増淵 達夫さん

    癌患者さんにとって有効な治療法である抗癌剤による化学療法ですが、その効果とともに様々な副作用を伴います。中でも「脱毛」は一時的なものが多いとはいえ、患者さんの整容面・心理面に大きな影響を与える副作用と考えます。この技術が、そのようなストレスの軽減につながり、前向きに闘病できる力を与えてくれる事を願っています。

  • 国際医療福祉大学三田病院 医療相談・緩和ケアセンター
    がん相談支援センターMSW

    石川 祐子さん

    抗がん剤などの副作用による脱毛は、ガン患者さんにとって大きな悩みの一つ。そのために医療用ウィッグがありますが、その手入れが大変で煩わしさを感じている方をたくさん知っています。もしそこが楽になれば本当に喜ばれると思います。

サービスをお受けになりたい方、もしくは詳しく説明を聞きたい方は、こちらまでご連絡くださいませ。

TEL.03-3485-8919 / 担当:鈴木

『スリークシャインプロジェクト』
加盟店募集

各都道府県の主要都市に認定サロンを設置して、全国各地の乳ガン患者さんの生活の質向上をサポートする事を目的としていきます。
同じ志のもとご一緒にこのボランティア活動を広めて行ってくれる、加盟サロンを募集致します。

【 募集要項条件 】
・5年以上の営業実績がある。
・社会保険に加入している。